SSブログ

【動画】小川敏夫議員による執拗な日本の中国侵略史観の強制 

[安倍晋三] ブログ村キーワード

侵略したのですか?しなかったのですか?

小川敏夫議員「過去の日本、日本はですね、中国に侵略したというご認識はお持ちでしょうか」

小川議員の意図するところは、安倍首相に、二択の質問を投げかけることによって、日本による中国大陸侵略史観を認めさせることにある。

この質問は、どちらに答えても日本国にとって大きな国益を損なう質問だ。

侵略したといえば、未来永劫、日本はアジアに侵略した国として十字架を背負う事になるし、侵略していないと言えば、その言葉じりだけをとらえられて、海外に喧伝される上、加えて国会で妄言を吐いたという証拠になるからである。

戦争を始めたのは、清国

義和団事件が起きると、清国はそれに乗じて、外国人排斥を始め、在清国の欧米人、及び日本人の安全は脅かされた。

日本は、自ら兵を動かすことはせず、義勇団を編成し、欧米人を中国人の殺戮から守った。

この経緯は、映画”北京の55日”という映画での伊丹十三の熱演が記憶に新しい。

この国際社会への時代錯誤的な清国の暴挙により、日中戦争の口火は切られた。

義和団事件が平定されると北京議定書によって、日本は兵を駐留する事が許された。

これが日本軍が、中国大陸に駐留する事になった真相であり、日本はアジアを侵略するどころか、アジアの平和の維持に努めた、これが歴史の真実である。

ゆえに安倍首相は口が裂けても日本が中華民国を侵略したなどとは言えないのである。


タグ:小川敏夫
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます